【関関同立】理系院生4人の20卒就活体験記

20卒の関関同立理系大学院生が21卒に向けて実際に体験した就活を提供します

【早期選考】インターン企業まとめ 理系向け

どうも、力です。

就職活動において、インターンシップに参加することは様々なメリットがあります。

詳しくは過去の記事でご紹介しています。

 

www.kininarusyukatu.work

 

 

インターンシップで最大のメリットは、

・内定に直結すること

・早期選考を受けれる

ということです。

 

しかし全ての企業のインターンが本選考に有利に働くわけではありません。

そこで今回はインターンが本選考に有利につながる企業をご紹介します。

基本技術系職種を対象に記載しており、MRや営業職の場合はカッコ書きしております。

(⚠️過去の例なので、21卒が同じ事例になるとは限りませんので、あくまで参考までにお願いします。)

 

業界一覧

 

 

日用品・トイレタリー

・ユニ・チャーム 

早期選考(4月で内定が出る。)

部長面談からスタート(計2回面接で内定)

 

・小林製薬

インターン参加で、早期選考を受けれる。

 

化学

・三菱ケミカル

[営業]インターン参加で、本選考では一次面接が免除。

 

・日東電工

 

・住友化学

インターンでの評価が良ければ、特別の事業所説明会に案内される。

 

・積水化学工業

インターン参加で、早期選考を受けれる。

 

・三井化学

www.kininarusyukatu.work

 

窯業

 ・AGC(旭硝子)

 

電気機器

・京セラ

www.kininarusyukatu.work

 

・GSユアサ

www.kininarusyukatu.work

 

・ソニー

インターン参加で、本選考では有利になる。(希望部署に配属されやすい。)

部署によっては、8割がインターン参加者のところもある。

 

医療機器

・シスメックス 

www.kininarusyukatu.work

 

・オリンパス

インターン参加で、本選考はいきなり最終面接になる。

 

医薬品

・第一三共(MR)

インターンでの評価が良ければ、本選考のES・SPI・GDが通過しやすくなる。

インターンでの評価が悪いと、ESで落ちてしまう。

 

・MSD(MR)

インターン参加で、本選考ではESと最終面接だけで内定が出る。

 

・ロート製薬

インターンが本選考の一環となっており、参加必須。

 

・参天製薬(MR)

内定者のほとんどが、インターン参加者である。

 

食品

・マルハニチロ

インターンでの評価が良ければ、早期選考を受けれる。

 

 その他

・関西電力

www.kininarusyukatu.work

 

・千代田化工建設
www.kininarusyukatu.work

 

・住友林業

www.kininarusyukatu.work