【関関同立】理系院生4人の20卒就活体験記

20卒の関関同立理系大学院生が21卒に向けて実際に体験した就活を提供します

インターンシップに参加するメリット

こんばんわ。DKです。

6月も終盤に差し掛かりいよいよインターンシップの申し込みを開始する企業が増えてきましたね。

 

さてインターンシップとは何のために行くのでしょうか。そもそも行ったほうがいいのでしょうか。

こたえはYesだと思います。

僕自身、インターンシップに参加しその企業を知るだけでなく、自分の中での志望度を確定することのできる場ではないかと思いました。実際にインターンシップに参加してみて「この企業に行きたい」と思う企業もあれば、反対に「この企業で働くのは嫌だ」と思う企業もたくさんありました。また、インターンシップに参加することによってエントリーシートの書きやすさ、質ともに向上することができると思いました。

なので今回はインターンシップについて特に早期選考への関連性について話していきます。

 

目次

 

 

 

さてここからが本題。

実際にインターンシップによる早期選考はあるのかと疑問におもうひとは少なくないと思います。僕の感覚ですとほとんどの企業はインターンシップによる早期選考を設定しています。大企業になればなるほど早期選考を重視していると感じました。

そもそも早期選考とは何でしょう

早期選考とは

まずはじめに、そもそも「早期選考」とは何でしょうか。

説明することはできますか?

事前知識として、経団連が定めている就活日程を見てみましょう。

 

大学3年6月〜 インターンシップ

大学3年3月〜 説明会、ES提出(エントリー開始)

大学4年6月〜 選考

大学4年6月〜 内定

 

そうです。経団連に従っている企業は6月まで内定が出せません。

しかし、優秀な学生が欲しい企業は決まりよりも早く選考をし、「内々定」というかたちで合格を出し優秀な学生を囲い込みます。これが「早期選考」です。

 

早期選考で内々定を得ることが就活成功には欠かせません。

 

ではなぜ早期選考が大切なのでしょうか。

早期選考のメリットとは?

僕は早期選考には大きく分けて以下の二つのメリットがあると思います。

 

①心理的余裕が生まれる

②選考の練習になる

 

メリット①心理的余裕が生まれる

これが最大のメリットであると思います。

早期選考で内々定を獲得することができれば、卒業後に進路がなくなるという不安が消え、気楽に就活することとができます。また、内々定を獲得した企業より志望度が高い企業だけを受ければいいため第一志望に集中できます。

 

メリット②選考の練習になる

誰しも最初の面接やグループディスカッションは緊張します。しかし、もしも第一志望の企業の選考時期が早かったとしたら準備不足によって落ちてしまうかもしれません。

そうならないために早期選考をたくさん受け、面接に強くなっておく必要があります。

 

 

インターンシップを逃さないために

インターンシップは情報戦だと思いました。インターンシップは本選考と異なり開始時期はバラバラです。実際、僕の友達も研究や学会発表、バイトなどで急がしく気づけば第一志望のインターンシップを逃してしまっていました。

しかし、内定者のほとんどがインターンシップによる早期選考者で埋まっている企業もあります。

 

 僕たちは逃さないためにこの本を使ってインターンシップの情報を集めていました。この本の知名度は低いですが、実はとても役に立ちます。

 

・どの企業が、どのようなインターンシップを行なっているのか詳しく知れる本 

   ↓↓  かなりオススメです!

就職四季報企業研究・インターンシップ版 2021年版/東洋経済新報社【1000円以上送料無料】

価格:1,512円
(2019/6/25 13:19時点)

 

 就職四季報は有名ですが、インターンシップ版の存在を知らない方が多いです。

この本には以下のことが記載されています。

・企業情報

・インターンの開催時期

・インターン募集期間

・インターン募集人数

 

現在の就活は如何にインターンに参加できるかが鍵を握っています。

そこで周りとの差をつけるために、インターンの情報をしっかりGetしましょう!